記事詳細

【山本幸路 ドーパミンゴルフ】芝種別のアプローチ対応 「逆目」はフェースを閉じて芯を外して打て! (1/2ページ)

★アプローチ 芝種別の対応編

 日本は本州、四国、九州で、一般的に野芝やコーライ芝といわれる芝種をラフでは使用しています。特徴として葉が硬くボールが芝に持ち上げられたように浮いた状態になっているため、芯にも当たりやすく、少ない力でも飛びやすいという特徴があります。

 手首を使わずにゆっくりと大きく振ることが、浮いたボールをダルマ落としすることなく打つコツで、若干インサイドアウトのアッパー軌道の方がより当たりやすくなるでしょう。

 ただしこれは、順目での話です。グリーンの奥からなどの逆目の場合は、グリップをギリギリに短く握り、リストコックを使い、インサイドアウトにフェースをターンさせます。ザックリを避けるためにフェースの芯を外してトゥ側に当て、大きめにスイングしていきます。

 また、逆目ではフェースを30度ほどクローズにし、同じくフェースのトゥ側でインサイドアウトにゆっくりと軽く小さくコックを使って打つ方法もあります。スタンスは右に向けます。フェースを閉じるときは、条件的に転がしで打つときで、その前に述べた逆目の打ち方は転がりを少なめにしたい場合です。

関連ニュース