記事詳細

雄星ツキなし、遠い初勝利 3度目先発は5回6失点、勝ち投手の権利得るも救援打たれ…

 マリナーズの菊池雄星投手(27)は5日(日本時間6日)、シカゴでのホワイトソックス戦に今季3度目の先発。5回を7安打6失点(自責点4)、4三振。勝利投手の権利をもって降板したが、救援が打たれ、初白星はまたもお預け。チームも8-10で敗れ連勝は4でストップした。

 前日の悪天候でスライド登板となった菊池はいきなり味方のまずい守備に足をひっぱられた。先頭打者の内野ゴロを遊撃手、ベッカムが失策。2番の中前打で無死一、二塁とされ、3番アブレイユの併殺を取れそうな当たりを再びベッカムがお手玉した上、送球エラーで同点とされた。さらに四球で無死満塁となり、5番モンカダに中越え2点二塁打を浴び、この回3点を失った。

 2回も4連打で3失点。それでも菊池は3回以降粘り強く投げ続け4、5回はともに3者凡退。93球で降板すると、マリナーズ打線が6回に2ラン2本で逆転、菊池に勝ち投手の権利が転がりこんだ。

 しかし、今度は不安の残るマリナーズ救援陣が7回に3失点して再逆転された。菊池はツキにも見放され、父、雄治さん死去(享年59)後初の登板で白星をあげることができなかった。菊池は「立ち上がり難しいところで粘りきれなかったのが一番の反省。追い込んでから少し甘いところにいった。3回以降投げられたというのは、唯一良かったところかなと思う」と話した。