記事詳細

大船渡・佐々木にメジャースカウト驚愕「今まで見た中で最高の素材…こんな高校生、米国にいない!」 (1/3ページ)

 大谷翔平投手(24)=エンゼルス=が花巻東(岩手)時代にマークした160キロを上回る、国内高校生史上最速の163キロを計測した大船渡の佐々木朗希(ろうき)投手(3年)には、秋のドラフト会議で1位指名競合確実といわれるNPB(日本野球機構)12球団はもちろん、米大リーグも驚愕。“令和の怪物”には「世界最高の高校生」との声まで挙がり始めた。今後日米を股にかけた争奪戦に発展してもおかしくない。

 7日まで3日間行われた「U-18高校日本代表1次候補合宿」に参加した佐々木が、見る者すべての度肝を抜いたのは6日の紅白戦。

 ネット裏の中日のスピードガンが163キロを計測し、2イニングを投げ6者連続三振。日米12球団46人のスカウト陣は想像を絶する迫力に声を失った。

 米大リーグ・ロイヤルズの大屋博行国際スカウト(53)もその1人だった。ダイヤモンドバックス、ブレーブスをへて昨年からロイヤルズに移り、大リーグスカウト歴22年目を迎えたベテランをして、「アベレージ(平均)でも153-154キロは出ていた。初めて生で見て、びっくりしましたよ。今まで見た中で最高の素材。こんな高校生、広い米国にもなかなかいません。評価というより、どうしてこんなすごい素材が日本に現れたのか、あっけに取られました」と激賞させる。

関連ニュース