記事詳細

白鵬、三本締め問題で聴取 師匠の宮城野親方も

 横綱白鵬(34)は8日、春場所千秋楽(3月24日)の優勝インタビューの最後に観客に三本締めを促した件で東京・両国国技館を訪れ、日本相撲協会コンプライアンス委員会の聞き取り調査を受けた。師匠の宮城野親方(元幕内竹葉山)も事情を聴かれた。

 約1時間半の聞き取りを終えた白鵬は、いろいろ説明したかと問われ「はい」とだけ答え、足早に引きあげた。3月28日の理事会では「平成最後の場所ということで、盛り上げようと思った」という趣旨の説明をし、謝罪もしたという。

 コンプライアンス委は処分の有無などの意見を八角理事長(元横綱北勝海)に答申する。

 コンプライアンス委の青沼隆之委員長(元名古屋高検検事長)は「何もお話しすることはできない」と述べるにとどめた。