記事詳細

田嶋会長FIFA理事再選で「女子W杯日本招致」に追い風 “拡大クラブW杯”も誘致へ (1/2ページ)

 女子サッカーW杯の日本開催へ大きく前進した。6日に行われたAFC(アジアサッカー連盟)選出の国際サッカー連盟(FIFA)理事選で、日本サッカー協会・田嶋幸三会長(61)が再選を果たしたのだ。

 任期は4年。田嶋氏は2015年に初当選していた。23年に行われる女子W杯の招致に向け、日本協会は先月15日にFIFAへ意思証明書を提出。来年3月のFIFA総会で開催地が決まる。田嶋氏は「そんな簡単には決まりません」と表情を引き締めるが、理事再選が追い風となるのは間違いない。

 5枠に7人が立候補した理事選で、田嶋氏はインドのパテル氏と並びトップ当選。一方、同じく女子W杯招致の意思を表明し「北朝鮮との共催」も検討している韓国は、同国サッカー協会の鄭夢奎(チョン・モンギュ)会長がセビティ氏(サウジアラビア)とともに落選した。

 AFCでは今後、実績のある日本、昨年のW杯ロシア大会で8億3500万ドル(約919億円)のスポンサー広告料を賄った中国が2本柱となる流れ。そんな中で日本は23年女子W杯、中国は30年もしくは34年の男子W杯招致を推し進める。

関連ニュース