記事詳細

【佐藤剛平 基本は忘れろ!!】「ゆっくり振った方が飛ぶ」どうして? 腕の動きがおとなしくなり、体とクラブの動きが同調 (1/2ページ)

 【今週の質問】ゆっくり振った方が飛ぶ、といわれるのはどうしてですか。確かに強く振ったからといって、さほど飛ばないというのは、実体験としてわかります。飛ばす人はどうやって飛ばしているのでしょうか。

 ここ一番で飛ばしてやろうと思って力んで振ってみたものの…。あまりいい結果にならないことが多い。

 力むと体の動きが大きくなる割にクラブヘッドが動かず、遅れてくるのであまりいい当たりをしない。当たったとしても5ヤードぐらいを伸ばすのがせいぜい。がっかり、という経験はないだろうか。

 逆にあまり体を動かさないようにして、手だけでビュンビュンとヘッドスピードを上げて打つ人もいる。壁を意識してクラブヘッドだけを走らせるような打ち方だが、これも方向性が悪いし、ヘッドの風きり音が出ている割には飛ばないものだ。

 逆に、リラックスして軽く振ったらいい当たりをして「あれっ、こんなに飛んだの」ということもある。キツネにつままれたようだが、それをきっかけにスイングのコツをつかんでうまく打てるようになる人もいる。

 結局大事なのはいかにクラブ(腕)の動きと、体の動きを同調させるかだ。体ばかりでは飛ばないし、クラブばかりでも体重の乗ったいいボールを安定して打つことはできない。

 ゆっくり振る感じにすると、クラブと体の動きが同調しやすくなるのでいい結果になりやすいということだ。

関連ニュース