記事詳細

マンチェスター・シティー敗れる 欧州CL

 サッカーの欧州チャンピオンズリーグ(CL)は9日、準々決勝第1戦の2試合が行われ、トットナムはホームでマンチェスター・シティーとのイングランド勢対決を1-0で制した。後半33分にFW孫興民(26)が決勝点を挙げた。

 孫はペナルティーエリアでパスを受け、相手DFをかわして左足を一閃。“アジア史上最高”とまでいわれるストライカーは好調で、新本拠地のこけら落としとなった3日のクリスタル・パレス戦に続いてのゴールだった。

 昨季準優勝のリバプール(イングランド)はホームでポルト(ポルトガル)を2-0で下した。前半にケイタとフィルミノが得点し、先勝した。両カードの第2戦は17日に行われる。