記事詳細

宮川紗江“火種”残る再出発 コーチとの関係「今まで通り」

 パワハラを告発して体操界を揺るがした、2016年リオデジャネイロ五輪代表の宮川紗江(19)=高須クリニック=が9日、騒動を経ての復帰戦となる全日本選手権(26日開幕=高崎アリーナ)へ向け、神奈川県内で練習を公開した。

 宮川は日本協会の女子強化本部長だった塚原千恵子氏と副会長の塚原光男氏からパワハラを受けたと主張したが、同協会の第三者委員会は、塚原夫妻の言動の一部を不適切としながらも、パワハラは認定しなかった。

 宮川は「白黒はっきりさせたい気持ちはなくはなかったけど、これ以上振り回されたくない」と語った。日本協会に無断で昨年8月に記者会見したことなどで反省文提出を求められ、応じたことについても、「反省文を出して(一連の騒動が)終わるならいいと思った」と心底納得しているわけではない様子。

 日本協会から無期限の登録抹消処分を受けている速見佑斗コーチとの関係も「今まで通り。変わらない」と言い切り、火種を残しながらの再出発となった。

関連ニュース