記事詳細

【これで納得?!2019施行新ルール】持ってもらっているピンにボールが当たったら…

★(12)

 グリーンでピンを立てたままパットする。そのピンに当たってカップインしてもペナルティーはない。新ルールで大きく変わったところである。

 プロ競技でも、ピンを立てたままパッティングする選手が増えて、新ルールは、すっかり浸透している。ただし、間違いやすいこともある。キャディーや同伴競技者にピンを持ってもらっている場合だ。

 そのままパッティングしてもいいのだが、持ってもらっているピンに当たった場合は、罰打対象となる。

 介添え行為は、ピンに当たりそうだったら、そのピンを取り除くというのが前提になっている。このため、持ってもらっているピンに当たった場合は、「故意にボールを止めた」とか「方向が変えられた」という違反行為に該当し、2罰打が課せられることになる。注意しよう。

関連ニュース