記事詳細

巨人、救援右腕獲得へ“大物”放出か 調整途上の沢村、先発見切り発車は… (1/2ページ)

 巨人の1軍戦力に今、最も不足しているのが右の救援投手だ。他球団とのトレードで調達するとの見方が広がり、巨人の交換要員には大物の名前も浮上している。

 10日の中日戦(ナゴヤドーム)は2-3で競り負け。この2連戦を1勝1敗で終え、原辰徳監督(60)は「なかなか得点圏まで遠かったね」。編成権を兼ねる全権監督として、自軍に足りないものを再認識したかもしれない。2試合で計5得点。軒並み150キロ前後の速球を投じる、相手の救援右腕陣から1点も奪えなかった。

 かたや巨人の1軍ブルペンに、速球派右腕は新加入の抑えクックだけ。これから補強するにも、助っ人は1軍登録4枠がフル稼働中で追加は考えにくい。そこで交換トレードを画策中との見方が、他球団の編成担当者らの間で広がっている。しかも早期決着を図るため、出血覚悟で大ゴマを用意するとの観測も。過去に先発で2ケタ勝利3度、抑えで通算73セーブの沢村拓一投手(31)だ。

 昨季の沢村は中継ぎで49試合登板。昨秋復帰した原監督に先発再転向を打診されたが断り、守護神復帰を目指したものの今春の実戦で振るわず。キャンプ終了間際の2月26日、指揮官から「1点を守るには窮屈そうに投げている」と改めて先発転向を通告され、2軍での再調整を命じられた。

 1カ月余の突貫工事で仕上げ、今月6日のDeNA戦(横浜)で5年ぶりに先発。速球が152キロを計測する一方で、課題の制球難も顔をのぞかせた。4回先頭から連続四球後に適時打を浴びて降板。それでも宮本投手総合コーチは「力感なくぽんぽんストライクを取れるところは前進している。ファームでもう少しスタミナをつけてもらう」と収穫を強調した。

関連ニュース