記事詳細

【清水秀彦 そういうことだろ~】昨季天皇杯覇者・浦和低迷は「予想通り」 戦力はトップクラスも…巻き返しは監督の采配次第

 --浦和がJ1第6節終了時点で9位に低迷している。昨季は、シーズン途中に就任したオリヴェイラ監督のもとで天皇杯優勝を成し遂げたが、どうなっているのか

 清水「予想通りだよ。こんなこと言ったら、またレッズのサポーターのみなさんには怒られちゃうけど。昨季、堀孝史元監督が早々と解任された後、暫定的に監督に就任して負けなし(4勝2分)だった大槻(毅、46)を、今年3月にヘッドコーチからフロントへ配置転換したろ? これがアウト。Jリーグに来る外国人監督はよくやるんだよ。自分の身内で固めて実績のある日本人コーチを外す。おかげで、チームがおかしくなってきたら歯止めがきかない」

 --毎年戦力はトップクラス

 「他のクラブに行けば即レギュラーの選手があふれている。でもな、カウンター中心のオリヴェイラのサッカーにあう選手はいない」

 --このままズルズル…

 「まだシーズンは始まったばかりだから巻き返しはきくが、荒療治は必要だ。レアルマドリードだって、バルセロナだって、すごい選手ばかりだけれど、監督と合わなかったらバッサリ切り捨てるだろ? それが今の浦和には必要さ」

 --浦和の主力は、元監督のペトロヴィッチ(現J1札幌監督)が自身の人脈で広島からかき集めてきた選手ばかり

 「だろ~!? オリヴェイラが『監督はオレだ、黙ってついてこい』的な采配をしたら、浦和は蘇ると思うよ」(元J1仙台監督・清水秀彦)

=聞き手・久保武司

関連ニュース