記事詳細

ヤクルト寺原復活! 2年ぶり白星は「想像できなかった」

 ヤクルトの寺原隼人投手(35)が11日の広島戦(マツダ)に先発して6回途中まで2失点に抑え、2年ぶりで移籍後初となる勝利を手にした。チームは3連勝で単独首位に浮上。「すごくうれしい。一つ勝ちがついてほっとしている」と笑みを浮かべた。

 昨季限りでソフトバンクを戦力外となり、ヤクルトが4球団目。「戦力外になったときは(この勝利は)想像できなかった」と感慨に浸った。

 チームがマツダスタジアムで3連戦3連勝するのは2012年9月以来7年ぶり。昨季は6勝19敗と大きく負け越した広島に、プロ18年目のベテランが立ちはだかった。