記事詳細

ウッズが好発進! 首位と4打差11位 マスターズ (1/2ページ)

 ■男子ゴルフメジャー第1戦・マスターズ 第1日(11日、米ジョージア州オーガスタ・ナショナルGC=7475ヤード、パー72)

 43歳のタイガー・ウッズ(米国)が初日2アンダー、70で首位に4打差の11位につけ、5つめのグリーンジャケットに向け好位置につけた。

 22回目となる出場だが、2年前は腰痛などで、「もうプロとしてやっていけない」と覚悟した時期もあった。それが初日から上位争い。オーガスタのパトロンたちも大きな拍手を送り続けた。

 2番でバーディーを先行。5番でボギーが来たが、9番で左ラフからの第2打をピン1メートルにつけてバーディー。

 折り返し後の13番では2オンに成功してバーディー。14番では10メートルの長く難しいバーディーパットを沈めた。

 17番で右のラフに入れボギーを叩いたが、2005年以来の優勝を狙うには十分な位置だ。

 60台は出せなかったが、ウッズは満足そうにこう言った。

 「ここでは初日に70で回って4回優勝した。これをまたやりたいね」