記事詳細

紀平、苦手SPで世界最高点「点数が高すぎてびっくりした」 フィギュア国別対抗戦 (1/2ページ)

 紀平梨花(16)=関大KFSC=が今季最終戦で課題を華やかにクリアしてみせた。

 フィギュアスケートの世界国別対抗戦(福岡市・マリンメッセ福岡)は11日の女子ショートプログラム(SP)で、紀平が冒頭のトリプルアクセル(3回転半ジャンプ)を決め、自身が持つ現行ルールの世界最高を更新する83・97点で1位となった。坂本花織(19)=シスメックス=が3位につけた。

 紀平はSPが苦手だ。トップに立ったのは、従来の世界最高82・51点を出した昨年12月6日のGPファイナル以来。その後は全日本選手権が5位、四大陸選手権も5位、チャレンジ杯が2位、今年3月の世界選手権では7位と出遅れた続いていた。今季9戦8勝のフリーで豪快に挽回するパターンが定着し“逆転の紀平”の異名を取った。

 しかし、フリーでもザギトワ(ロシア)の後塵を拝して総合4位に終わった世界選手権のように、レベルが高い大会ほど、SPの出遅れが響くことになる。