記事詳細

“悪条件”の川内、17位惨敗 アフリカ勢との実力差見せつけられ… ボストン・マラソン (1/2ページ)

 第123回ボストン・マラソンが15日にボストン郊外から市街地までの片道コースで行われ、男子で昨年のジャカルタ・アジア大会覇者の井上大仁(26)=MHPS=が2時間11分53秒で日本勢最高の12位。前回優勝でプロ転向後初レースの川内優輝(32)=あいおいニッセイ同和損保=は、2時間15分29秒で17位。園田隼(30)=黒崎播磨=は18位だった。

 3人は来年の東京五輪代表選考会の「マラソングランドチャンピオンシップ」(MGC、9月15日)の出場権を取得済みだが、2時間7分59秒で優勝したローレンス・チェロノ(ケニア)らアフリカ勢との力の差を見せつけられた。

 川内にとっては“条件が良すぎた”ようだ。昨年は大雨と強風に見舞われ、気温3度台の悪条件で優勝。「他の選手は100年に一度の悪条件と話していたが、私の中では100年に一度の最高の条件だった」と笑わせていたが、この日は雨がレース前にやみ、気温も14度。スピードのあるアフリカ勢が本領を発揮しやすい環境だった。

 10キロまで先頭集団に食らいついたが、15キロで離され、中間点ではトップから1分14秒差まで引き離された。「去年は天候に恵まれて、まぐれくらいにしか思われていないので、最低でも入賞(8位以内)はしたい」との目標にも届かなかった。

関連ニュース