記事詳細

タイガー・ウッズ、華やか“女性遍歴”ついに終止符!? 復活V支えた新恋人エリカさんの素顔…10年前から追っかけ、ドン底の時も寄り添う (1/3ページ)

 今度こそ大丈夫だろうか。男子ゴルフメジャーのマスターズ・トーナメント(米ジョージア州オーガスタナショナルGC)で14年ぶり5度目の優勝を果たしたタイガー・ウッズ(43)=米国。復活を支えたのが新恋人のエリカ・ハーマンさん(33)だ。数々の女性遍歴とトラブルを重ねてきたウッズだけに、米メディアからは心配する声も上がっているが…。

 ウイニングパットを決めると、ウッズは長男チャーリー君(10)、長女サムさん(11)、母クルチダさんと抱き合った。そして、最後にエリカさんと熱い抱擁とキスをして喜びをわかちあった。

 肩の出た真っ赤なドレスにつば広の黒い帽子。ブルーネットの髪がのぞく美女が、現在のウッズの恋人だ。

 「子供たちに勝つ姿を見せることができた。1997年(のマスターズ初優勝時)は父(アールさん、2006年死去)がいた。今は自分が2人の子供の父になってここにいる。一周して戻ったようだ」

 家族について最初に語ったウッズだが、エリカさんについては何もなし。しかし、エリカさんは2人の子供と常に一緒に行動し、すっかりなついているようにもみえる。

 英紙「ザ・サン」などによると、ウッズとエリカさんが交際を始めたのは2017年。欧米各メディアは「彼女との出会いが再びタイガーの雄たけびをもたらした。エリカ・ハーマンとは誰か」などと伝え、彼女の存在がウッズを支えていることを伝えている。

関連ニュース