記事詳細

【佐藤剛平 基本は忘れろ!!】ロングアイアンが上がらない 「包んで」「つまむ」手のひらにボールを乗せるような感覚 (1/2ページ)

 【今週の質問】上級者のようにロングアイアンを打ちたいです。ショートアイアンなら上がるのですが、5番アイアンになるとゴロのような球になり、距離が出ないことが多いです。どうしたら上げることができるでしょうか。

 5番アイアンでも十分なロフトがついているので、特別に上げるためのスイングは必要ない。ただ、うまくボールをとらえることができないと、勢いよく上がっていかない。

 あまり当てることばかりを考えるのではなく、振り切ることが大事だ。しっかりスイングして、とらえられるようになれば、ボールは自然に上がる。最初は少しティーアップするなどして、気持ちよく打つことができるライからどんどん打つことで、振り抜いて打っていく感覚をつかむのがいい。

 苦手意識があるとフィニッシュまで振れなくなるので上がらなくなる。いいイメージを持ってスイングすることは大事なことだ。どうせミスをするなら「難しいショットだ」と思って打つより、「簡単なショットだ」と思って打った方が得だと私は思っている。

 ボールがうまく上がりそうないいイメージとして、ボールをクラブフェースで拾って、つまみあげるような気持ちを持つといい。つまみ上げるというのは、フェースの開閉を使って、フェースの上に乗せる感じだ。

関連ニュース