記事詳細

阪神・矢野監督“異例”のメンタルビデオ鑑賞会に選手は戸惑い 球団OBバッサリ「試合を控えた選手にしてみれば…」 (1/2ページ)

 矢野耀大監督(50)が今季から指揮を執る阪神は、17日のヤクルト戦(神宮)で延長十二回2-2で引き分け、同日現在6勝10敗1分の“借金4”でセ・リーグ5位に低迷している。不振を抜け出すため、首脳陣は16日の試合前ミーティングで、1時間にわたり選手全員に“メンタル強化ビデオ”を見せていたことが判明。異例の“鑑賞会”に戸惑う選手もいたが、何とかシーズン序盤の暗雲を振り払いたいところだ。(山戸英州)

 「野球」という言葉を日本中に広めたといわれる俳人、正岡子規生誕の地での一戦。先週末に2試合連続11得点と“火(か)ヤク庫”が爆発した相手の勢いは、やはり止められなかった。

 16日の先発のオネルキ・ガルシア投手(29)が1回1/3、7安打7失点と大炎上。今季3試合に先発し0勝2敗、防御率19・29の惨状で、2軍降格が決まった。昨季中日で13勝を挙げ、3・4倍の年俸1億7000万円(推定)で加入した新戦力には、大きな期待が寄せられていただけに、開幕からわずか半月での離脱は衝撃が大きい。

 チームはこの日、午後6時20分の試合開始から逆算し、松山市内の宿舎ホテルを同3時頃出発したが、それに先立ち全体ミーティングが開かれた。ここで1時間にわたり、あるビデオの“鑑賞会”が行われた。

 相手先発の原樹理投手を映像で徹底分析したのかと思いきや、野球とは直接関係のない“メンタル強化ビデオ”だったから、あっけに取られた出席者も多かったようだ。

関連ニュース