記事詳細

錦織、全仏に暗雲 クレーコートで初戦敗退

 全仏オープン(5月26日開幕)へ向け、暗雲が垂れ込めた。

 男子テニスのマスターズ・モンテカルロ大会(モナコ・モンテカルロ)は17日、昨年準優勝で世界ランキング6位の錦織圭(29)=日清食品=が初戦のシングルス2回戦で同49位のピエールユーグ・エルベール(28)=フランス=に5-7、4-6で敗れた。

 全仏と同じクレーコートの今季初戦で、マスターズは四大大会に次ぐ格付けだったが、10度もあったブレークポイントをことごとく生かせず。「1試合しかできなかったので何とも言えないが、クレーの方がよりラリーが続くし、時間はあるので徐々に良くなってくると思う」と前向きに語ったが、4大会連続早期敗退の不振だ。次は22日開幕のバルセロナ・オープンに出場を予定している。

関連ニュース