記事詳細

白鵬「理事長」協会乗っ取り野望 外国出身枠撤廃で幕内総モンゴル化…八角執行部との対立激化必至! (1/3ページ)

 大相撲初の外国出身理事長誕生への第一歩でもあるのか。大相撲の横綱白鵬(34)=本名ムンフバト・ダバジャルガル、宮城野部屋=が先週、モンゴル国籍の離脱を同国政府に申請したことが判明。日本国籍取得を視野に入れた手続きとみられ、年内にも帰化が認められる可能性が高い。史上4人目の一代年寄、将来的には日本相撲協会理事長就任の野望が現実味を帯びるが、不祥事連発の白鵬には、協会内に拒否反応を示す親方も多い。国技・大相撲の将来像にも大きな影響を与える可能性がある。(夕刊フジ編集委員・久保武司)

 「今この時点でこうだ、ああだというのは早い」

 17日に都内の巡業先で報道陣に囲まれた白鵬は慎重に言葉を選んだが、「あとは結果を待つだけ」と手応えありげでもあった。2007年に日本人の紗代子夫人と結婚していることもあって、帰化自体に障害は全くない。

 1968年メキシコ五輪のレスリングでモンゴル初のメダリスト(銀)となった国民的英雄で、日本帰化に反対していた父・ムンフバトさんは昨年4月に死去。喪に服す期間も過ぎた。

 ただ、なぜこのタイミングで、この動きが明らかになったのかに関しては、さまざまな憶測を呼んでいる。

 17日付の複数のモンゴル紙が白鵬の国籍離脱申請を報じており、「十中八九、白鵬サイドから出た話だろう」とみる親方もいる。

関連ニュース