記事詳細

【ゴルフ真剣勝負 the MATCH】お互い準備は万端! 松田鈴英「優勝争いに加わるとこんなにも緊張感が」 小祝さくら「優勝争いをしたときは経験値の違い感じた」 (1/2ページ)

★松田鈴英×小祝さくら(1)

 “花の89期生”の中心的存在、松田鈴英と小祝さくら。2018年シーズンはともに優勝には手が届かなかったものの、松田が賞金ランキング11位、小祝が同8位と健闘した。プライベートでも仲の良い2人だ。

 松田「昨シーズン、ルーキーとして戦ったわけだけど、どうだった? さく(小祝さくらの愛称)は惜しい試合がいくつもあっただけに悔いも残ったんじゃない?」

 小祝「何度か優勝争いしながら思ったのは、『自分はまだまだだな』ってことですね。技術的なことはもちろん、ここ一番の集中力など精神的な部分でも足りない部分がいっぱいあるということに気がつきました」

 松田「この人は凄いと感じた選手はいた?」

 小祝「いっぱいいたけど、特に申ジエさんは凄かったですね。技術的にも精神的にも強かった」

 松田「私は“この人”というのはいないけど、優勝を経験している人たちは、みんな『最後に強い』というのを強く感じたかな。強い選手は粘りがあって簡単にはあきらめないもんね」

 小祝「優勝争いをしたときは経験値の違いというのも感じましたね」

 松田「そうそう。私なんか、『優勝争いに加わるとこんなに緊張感も増すものなんだ』って感じだったな。まあ、それが分かっただけでも良しとしないと。今シーズンはその経験を何とか生かしたいよね」

関連ニュース