記事詳細

「1点差に弱い巨人」返上難航 昨季20敗のリリーフ陣不安拭えず、トレードでの補強案も消滅 (1/2ページ)

 「1点差負けが多い」。近年の“弱い巨人”を象徴するキーワードのひとつだ。原辰徳監督(60)が復帰した今季も、勝ちパターン継投が不安を抱えたままで、弱点克服はおぼつかない。

 原監督は18日、関西入りを前に熊本空港で「接戦を守り抜こう、というのをテーマにしておかないと」と問題提起。「そこが一番不安だとチームもファンも、メディアの人たちも思っている。そのシチュエーションを超えていく」と力説した。

 前日17日の広島戦(熊本)で2点リードの9回、新外国人のライアン・クック投手(31)が抑えで登板。3点を奪われて初めてセーブに失敗し、1敗目を喫した。

 原監督が「昨日なんか1点差の方がもっとよかった。俺は1点差ゲームを求めるよ」とあえて試練を望むのには理由がある。今季の1点差試合は前夜で2敗目。唯一の白星は、5日のDeNA戦(東京ドーム)でエース菅野が完投で挙げたものだ。つまり継投で最少リードを守りきった試合はいまだゼロ。この形で勝たないことには、チームは前に進めない。

 一貫して「去年のことは知らない」と強調する指揮官に意識はないのかもしれないが、球団首脳は近年のV逸の元凶として『対広島戦』、『交流戦』、『1点差試合』での弱さを問題視。昨季も12勝24敗と大幅に負け越した。

関連ニュース