記事詳細

【ココリコ遠藤章造 プロ野球独り言】落合博満さんが教えてくれた「ひたすら練習あるのみ」 今年の阪神は「練習しすぎやろ!」と思わせてほしい (1/2ページ)

 現役時代には3冠王3回。中日監督として8年間で4度優勝、全てAクラスの常勝軍団を作り上げた落合博満さん(65)とトーク番組などでお話をする機会が何度かありまして、やっぱり強くなるにはとにかく練習しかないな、と強く思わされました。

 「俺より練習した人は、あの世界のホームランキングの王さんしかいない」と落合さんは断言します。

 正直、現役時代はあまり猛練習はされない、マイペース調整しているイメージでした。それでいて、あの成績はすごいなと思ってましたが、全然違かったみたいです。ひとが見ていない所で猛練習。一方で、ひとに指図されても自分が納得しなければやらない。自分で考え、自分の力が発揮できる練習をするのです。

 ご本人からではないけれど、こんなことがあったと聞きました。「落合選手が若手の頃。寮母さんが朝、庭の掃除をしようとしていたら、バットを持った落合選手が振ることもなく、ただじーっと来るボールをイメージしながら立っていて、その部分の掃除ができなかった」と。

 監督時代はあまり補強をせず、現有戦力を底上げ。落合さんいわく「簡単だよ。下手なんだから練習しかないでしょ」。実にシンプル。確かに、沖縄の春季キャンプを訪れると、ドラゴンズは他の球団が終わってから見に行ってもまだやってた。しかも6勤1休。強くなるわけだわ。

関連ニュース