記事詳細

東京五輪チケット争奪戦…これが“裏技” 5月9日予約サイト開設、最大で1人30枚までOK 組織委はサイバー攻撃&不正転売にピリピリ (1/3ページ)

 2020年東京五輪組織委員会は18日、観戦チケットの公式販売サイトを開設し、最初の抽せん申し込みを5月9日から28日まで行うと発表した。開会式や人気競技には応募が殺到し“プラチナ化”することが予想される。インターネットを駆使しての、激しいチケット争奪戦となるのは必至。過当競争を制する“裏技”はあるのか。

 公式販売サイトでは、競技ごとに会場の座席の種類が色分けされて示され、指定席、自由席、立ち見席の価格が分かるようになっている。

 まずはID登録が必要で、最大で1人30枚まで申し込むことができる。

 販売される東京五輪のチケットは約780万枚、パラリンピックと合わせると約1000万枚となり、組織委は820億円の収入を見込んでいる。プロ野球の1球団が1シーズンに販売するチケット(約200万枚)の5年分に当たる。日本国内でこれほど大規模で複雑なチケット販売は前例がなく、アクセス集中やサイバー攻撃、不正転売など、想定されるトラブルは多い。“五輪チケット・パニック”が警戒されている。

 組織委の目標は全会場満員。紙のチケットに加え、スマートフォンに表示したQRコードを『読み取り端末』にかざして会場に入る「モバイルチケット」を五輪で初めて本格導入する。

関連ニュース