記事詳細

異変…巨人・菅野、表情出し過ぎ!? 評論家・須藤豊氏が指摘「あれだけ喜怒哀楽を出しては…」 (2/2ページ)

 「今季は特にマウンドで表情を変え過ぎだ。気持ちの余裕なのか。投手の鉄則はポーカーフェース。打者とは淡々と勝負していかないと。あれだけ喜怒哀楽を出していては、集中力が続かない」

 昨季は10完投など選考基準全7項目を満たす離れ業で、沢村賞を2年連続受賞。平成生まれではただ1人、その名を平成のうちに同賞の歴史に刻む投手となった。

 だが自身の平成最後を締めくくるマウンドは、苦すぎる後味を残すことに。日本球界で突出した存在となったことで、マウンドでの余裕が悪い方向に作用しているのか。ここまで被本塁打8はリーグワーストだ。(笹森倫)

関連ニュース