記事詳細

【時代を超える名調子】昭和のヒーロー長嶋茂雄氏と平成のスーパースター・イチロー氏が世紀の握手! 映画のような1シーン (1/2ページ)

 「2020年東京五輪の野球日本代表メンバーはどうなる?」などと思いをはせていると、私の心は09年にタイムスリップする…。

 2月中旬、私は宮崎空港に降り立った。大阪からの搭乗便は満席。ロビーには繰り返しアナウンスが流れていた。

 『本日、サンマリンスタジアムへおいでになっても、ご入場いただけません。既に満員です。ご了承ください』

 野球ファンは呆然と立ち尽くし、あるいはフロアにしゃがみ込む。

 3月の第2回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)へ向けた、侍ジャパンの宮崎合宿である。

 タクシーに乗車しようとすると、「どちらまで?」「サンマリンです」「入れませんよ」「取材ですから大丈夫です」「それならよか」…そんなやり取りになるほどだった。空港でファンが足止めされているせいか、道路はガラガラで胸騒ぎがするような違和感を覚えた。

 到着しグラウンドに出てみて、あぜんとした。この時点で練習開始の1時間以上前。スタンドは一部の隙もなく埋まっている。そして視線が集まる先は、美しい緑の芝生、丁寧に整備された漆黒のグラウンド、きりりと引かれた白線、選手は一人もいないが、息をつめて登場を待っている雰囲気だった。

 30分、40分経過。ようやく一人が元気よく飛び出した。どこからともなく大拍手が起こる。若手の青木宣親(当時ヤクルト)だ。地元宮崎県日向市出身で、皆大喜びでいきなりテンションが高い。「すごいな」と思った。何人かが続き、次の盛り上がりは、ニコニコ笑顔の天才捕手・城島健司(当時マリナーズ)。声援に応えながら場内を巻き込んでいく。

関連ニュース