記事詳細

【山本幸路 ドーパミンゴルフ】難しくない目玉バンカーからの脱出 ボールは右足の前、コックを使って鋭角にヘッド打ち込む (1/2ページ)

★バンカーショット・目玉編

 目玉のライを見たときに「終わった。出ない…なんて運がないんだ」と思ってしまうのが普通のアマチュアでしょう。

 でも大丈夫。実は通常のバンカーよりも簡単に脱出できるのです。高く浮いたボールを打つのは難しいので、グリーンに止めるのはなかなかの練習量が必要です。しかし、脱出は決して難しくありません。

 まずは構えたときのフェース向きです。通常のバンカーはスクエアまたはオープンにセットしますが、目玉の場合はトゥ側のとがった部分が砂に一番初めに入ってほしいので、フェースを30度から45度クローズにします。ここでもバンカーの重要なポイントであるボールの「下2センチ」にヘッドを到達させるのは基本です。

 次にポイントとなるのがボール位置です。右足の前にボールをセットし、コックを使って上げて、できるだけ鋭角にヘッドを砂に打ち込みましょう。フォローはとりません。

 フェースをクローズにするとロフトが立つので、ボールが上がらないのではないかという質問を受けますが、バンカーのボールが上がる原理にロフトは一切無関係といっても過言ではありません。

 バンカーショットは、ドライバーの天ぷらの原理で、ボールの下をクラブヘッドが通過し、だるま落とし状態になっているということです。ボールの下の砂を振り抜いたときに反動でクラブが弾かれないように、ヘッドがボールの下にあればボールは高く上がります。

関連ニュース