記事詳細

日本ハム吉田輝星、フレッシュ球宴は“ぶっつけ出場”!? 初黒星の中日戦を最後に実戦登板なく… (1/2ページ)

 腰の張りのため1軍を離れリハビリを開始した日本ハムのドラフト1位・吉田輝星投手(18)は3日、千葉県鎌ケ谷市の2軍施設でストレッチ、軽めのジョギングや膝を着いた状態でのネットスローを行った。

 「今は限られたことしかできませんが、ケガが治ったときに自分の理想に少しでも近づけるよう、やっていきます」

 メンバーに選ばれている「フレッシュオールスター」(11日=楽天生命パーク)出場に向け調整を続ける。

 吉田輝と話したという同僚選手は「軽いぎっくり腰みたいな症状らしいです。『DL(故障者リスト)入りですよ。めっちゃ痛えー』って言ってましたが、もう治り始めてるみたいで、フレッシュオールスターには出る気マンマンでした」と明かす。

 とはいえ、3回5失点KOで初黒星を喫した6月23日の中日戦(ナゴヤドーム)を最後に実戦登板がない。当初は今月4日の西武戦(札幌ドーム)に登板するはずだった。予定通りなら中6日でフレッシュ球宴だったが、このまま中17日の“ぶっつけ本番”となる可能性もある。

関連ニュース