記事詳細

【山本幸路 ドーパミンゴルフ】傾斜のあるバンカーから出すには… 左足下がりはクローズ、左足上がりはオープンに構える (1/2ページ)

★バンカーショット傾斜編(1)

 「平らなら大丈夫だけど、傾斜になると話は別!」という人も多いと思います。それはどの場面でも同じ感覚で打とうとするからです。

 傾斜での対処法は、トップアマやプロからも質問されます。「こんな感じでうまくできそう」とひらめきでプレーするのがトッププロかもしれませんが、私はそれを具体的にお伝えしていきます。

 ◆左足下がり

 ボール位置は左足の前にセットし、クローズスタンスに構えます。フェースをMAXに開いて握り、体重は全て左足、身体の回転は考えずに縦のコックでアウトサイドにヒョイっと真上へクラブヘッドを持ち上げましょう。下ろしてくるときはコックを解きながら、フェースをターンさせるように背中側に思い切りヘッドを振り抜いきます。

 ◆左足上がり

 ボール位置を通常バンカーショットよりも10センチほど右側にセットします。スタンスはオープンで、クラブは傾斜の度合いにもよりますが短く持ちます。体重は右足に全て乗せている感覚で、フェースはスクエアもしくは若干のオープン。AWに変えて開いても構いません。

 ノーコック気味にホウキでボールを履くような感覚で、横から傾斜なりにインサイドアウトかつアッパー軌道でフェースをターンさせ、振り抜きましょう。

関連ニュース