記事詳細

注目の初戦は… 163キロ右腕、大船渡・佐々木の夏始まる

 「令和の怪物」フィーバーがいよいよ始まる。今秋ドラフトの目玉、163キロ右腕の大船渡・佐々木朗希投手(3年)が16日、岩手大会に登場。初戦は、花巻球場での2回戦の遠野緑峰。15日予定が雨で順延となっての一戦。

 大会前は全力投球をせず調整し、7日の盛岡一との練習試合では、MAXは156キロ。9回3安打2失点、20奪三振と仕上げてきた。

 地元ファンだけでなく、全国から報道陣、関係者も大集合。試合は午前11時半からの試合開始だが、早朝は濃霧注意報も発表された。早朝の花巻球場の広報担当者は「次第に周辺の道路が混雑してきている。これから試合開始にかけてしっかり対応したい」。

関連ニュース