記事詳細

【山本幸路 ドーパミンゴルフ】ティーだけ打ち、ボールと地面には当てない (1/2ページ)

★バンカーショットクラブの選び方と練習法編

 今週はバンカーの砂質とあなたの打ち方の特徴に合わせてウエッジの選び方をお教え致します。

 腕前を変えるのは大変ですが、道具を変えるのは簡単。まずは一般的なイメージで、バンカー下手だからバンスが多い方がよいと思っている人は、もうその時点で出すことはできません。

 これまでも説明してきた通り、サンドウェッジは砂質とあなた自身のヘッドの入射角を理解していなければいけません。

 バンカーでどんなミスが出るのかを理解してクラブを選びましょう。

 砂を多く取ってしまい、出ない人は広いソールでバンスが多いクラブを選んでください。逆にトップした感触でボールが浮かず、バンカーのアゴに当たって出ない、もしくはホームランという方は少ないバンスを選んでください。

 バンカーの一番難しいポイントは、ソールできない点です。ソールできないということは、ボールの赤道よりも上にクラブヘッドをセットした状態から、ボールの下をクラブヘッドを通過させるということです。普段とはあきらかに違う打ち方ですから、特別な練習が必要です。

 高くティーアップしたボールに、クラブヘッドをボールの横よりも上に構えます。クラブを下ろしてくるときにティーのみを打ち(写真(1))、ボールと地面にはクラブを当てず振り抜く練習をしてください(写真(2))。

 ゴムティーなら、ダルマ落としになったボールが前ではなく、後方へ転がったら大成功です。