記事詳細

阪神・藤浪、遠すぎる1勝… 今季1軍初登板も8四死球、野手からは悲鳴!即2軍へ 「リズムめちゃくちゃ」 (2/2ページ)

 投手陣の疲れがピークに達する夏場に、先発完投型の藤浪が結果を残せばチームにとって大きなプラスになるのは間違いない。某セ球団スコアラーは「四球からの失点を、ギリギリで踏みとどまった点は評価できる」と話す一方で、「あれじゃあ、試合のリズムはめちゃくちゃ。野手はしんどいよ…」とおもんばかった。

 阪神のファーム関係者も「藤浪はこっちでやることはやった。今はとにかく1軍で1勝。これでみんなが浮かばれるよ」。長く深いトンネルを抜け出すには、藤浪自身が結果を出すしかない。(山戸英州)

関連ニュース