記事詳細

プロスカウト、ドラフト戦略に異変!? 星稜・奥川、即戦力評価急浮上 大船渡・佐々木は素材ピカイチも… 全国高校野球 (3/3ページ)

 一方の佐々木は「まだ身体の成長が止まっていないというからね。1年目から1軍で、となれば故障の危険が高い。1、2年は体作りの期間と考えて2軍で慎重に育成していく必要があるし、相当計画的な育成方針が求められる。即戦力ではなく素材型といえるだろうね。ただ、成長したときのてっぺんの高さはどうなるか。奥川もまだ伸びしろは大きいし、すごい投手になると思うが、佐々木は天井が見えない。時間がかかっても、本当にとんでもないピッチャーになるかもしれない。だから難しいんだ」(中田ディレクター)。

 “BIG4”の中で甲子園に出場できたのは奥川だけ。荒木大輔、松坂大輔、斎藤佑樹らの名前を挙げるまでもなく、日本人は甲子園のヒーローを熱烈に、しかも長く愛する傾向が強い。奥川には今大会で星稜を悲願の石川県勢初優勝に導くなどして“伝説”となる可能性があり、佐々木はその資格を逃した。

 「そうなったら、プロ野球は人気商売だから、(ドラフトでは)佐々木と奥川で人気を二分するか、奥川の方に指名が集中する可能性だってある」と指摘するのはセ・リーグ球団幹部。北陸の剛腕の快投で、ドラフト戦線が風雲急を告げている。

関連ニュース