記事詳細

【山本幸路 ドーパミンゴルフ】スイングの基本・アドレスとグリップ総合編 グリップの位置は自分の目線で見たとき左足の爪先が隠れるぐらい (2/2ページ)

 また、自分の目線からみたとき、左足の爪先がグリップをした手で隠れているぐらいが正解です。目標に対して、ボールの位置がグリップよりも後方にあり、リーディングエッジとシャフトは一直線ではなく、くの字に角度ができていることも意識できると良いでしょう。

 踵、膝、腰、肘、肩、目が全て飛球線に平行になることも大切ですので、鏡などで必ず確認してください。

 昨今の大型ヘッドや低スピン化に対応するためにも、私が初心者の方にお勧めする構えは、ボールがつかまりやすい、フックさせやすい構えですが、まずは基本のクラブの握り方と構え方を改めて覚えてみてください。(モデル・野田すみれプロ)

 ■山本幸路(やまもと・こうじ) 1974年北海道生まれ。2000年にツアーデビューし、07年に関西オープンで優勝。レッスンプロとして東京都・恵比寿の「GOLF PLUS」に在籍。CS番組「ゴルフ革命」(日テレG+)に出演しているほか、雑誌でも活躍中。

 ※関連動画や美女プロゴルファーのオフショットなども配信中! 詳しくはコチラ⇒ 夕刊フジ ゴルフ公式インスタグラム

関連ニュース