記事詳細

【江尻良文の快説・怪説】巨人、星稜・奥川獲りで“松井監督”誕生の一石二鳥!? 長嶋茂雄氏が持つドラフト“独自哲学”にも… (2/2ページ)

 そして、松井氏にとって母校の後輩である奥川の獲得は、待望久しい巨人復帰の切り札になる可能性がある。

 「決勝戦で負けるところが星稜らしくて好き」とエールを送った松井氏。かわいい後輩・奥川が巨人入りすれば、重い腰を上げ、コーチとして巨人復帰する可能性も膨らむ。

 一方、長嶋氏は「巨人は甲子園のスーパースターを必ず獲得しなければいけない」という持論の持ち主。「甲子園のスーパースターは、そのファンを引き連れて巨人入り、巨人ファンを増やしてくれる。甲子園のスーパースターはプロ野球界でもスーパースターになれる」という独自の哲学があるだけに、奥川の獲得と悲願の巨人・松井監督誕生は、究極の一石二鳥になる。

 今季から3年契約の原監督のもとで来季から2年間コーチ修行し、晴れて松井新監督誕生となれば願ったりかなったり。巨人ファンも万々歳だろう。(江尻良文)

関連ニュース