記事詳細

森保ジャパン、W杯予選「8戦全勝」へ好発進も…ミャンマー戦で露呈した課題 「決定力不足の解消」「18歳・久保の起用法」 (1/3ページ)

 サッカーW杯カタール大会アジア2次予選の初戦(10日=ミャンマー・ヤンゴン)でF組の日本(FIFAランキング33位)は、ミャンマー(同135位)を2-0で下した。主力海外組の機能的な活用に加え、決定力不足の解消、そしてMF久保建英(18)の起用法などの課題を抱えながら、日本代表・森保一監督(51)は8戦全勝突破に向けて順調なスタートを切った。2010年W杯南アフリカ大会で日本を率いて歴代最高タイのベスト16入りを果たした実績を持つ現FC今治オーナー、岡田武史氏(63)は、「個の力で通用するおもしろくてワクワクするチーム」と森保ジャパンに太鼓判を押した。(夕刊フジ編集委員・久保武司)

 前半16分、MF中島翔哉(ポルト)がペナルティーエリア左手前から、右足でミドルを突き刺し先制。

 その10分後MF堂安律(PSV)のシュートはGKに弾かれたが、こぼれ球に反応した堂安はもう一度撃つと見せかけて、DFラインの裏へ浮き球のクロス。「(堂安)律くんからいいボールがきた」とフリーで待っていたMF南野拓実(ザルツブルク)が頭で合わせて2点目を挙げた。

 格下相手だったが海外組19人を招集してのベストメンバー。FW大迫勇也(ブレーメン)、MF柴崎岳(デポルティボ)も存在感があった。現地特有のスコールの中、気温25度とはいえ、湿度95%というありえない蒸し暑さ。

関連ニュース