記事詳細

J1湘南・チョウ監督、クラブ側慰留も「パワハラ認定」で退任

 サッカーJ1湘南は8日、選手やスタッフへのパワハラ行為でJリーグから公式戦5試合の出場資格停止などの処分を受けたチョウ貴裁監督(50)が同日付で退任すると発表した。後任監督は未定。

 7月に匿名の通報があり、リーグは約60人の関係者から聞き取り調査を実施。パワハラがあったと認定し、4日に処分を下した。チョウ監督は「Jリーグの処分が決定し、関係者の皆さまのご心情に触れ、改めて人としての力の無さを痛感した。このような形での退任となり、心よりおわび申し上げます」とコメント。

 幹部への処分も発表され、水谷尚人社長と坂本紘司スポーツダイレクターはいずれも減給50%(3カ月)、真壁潔会長は水谷社長の減給と同額を、がん啓発と小児がん患者を支援する一般社団法人「Ring Smile」に寄付する。

 チョウ監督の5試合の出場資格停止処分は既に自粛期間に消化され、クラブには昨季タイトルをもたらした功労者を復帰させる考えもあったが、リーグからパワハラを認定された事実は重かった。

 謹慎中「自分がやらない方がいい」と辞意を漏らしたチョウ監督を、クラブ側が慰留。指揮官を慕う選手もいたが、リーグから詳細な調査報告書が公表され、監督の言動とそれに対する反応が生々しく記されていた。スポーツ界の暴力やパワハラに社会的な批判が高まっているだけに、退任は避けられなかった。

関連ニュース