記事詳細

【清水秀彦 そういうことだろ~】五輪代表の軸は堂安と久保! 本田は出場渇望も…OA枠に頼る必要ない

 --東京五輪を戦うU-22日本代表が、国内初試合のキリンチャレンジ杯コロンビア戦(17日=広島)に臨む

 清水「東京五輪では、色はともかく、メダルは十分狙えると思うよ」

 --ですよね

 「今回招集した東京五輪世代のメンバーをみてごらん。海外組が8人もいるでしょ。今までの五輪代表ではありえなかったからね」

 --時の流れを感じます

 「これまでの五輪代表は選手集めに四苦八苦してきたが、今回はオーバーエージ(OA)だって枠いっぱいの3人は必要ないかもしれない」

 --本田圭佑はOA枠での出場を猛アピールしているが…

 「彼らしいね。でも、ポイチ(森保監督)は今回、A代表でもプレーしている堂安(PSV)と久保建(マジョルカ)を選んだ。『“東京五輪の軸”はこの2人だ』と意思表示した格好だ」

 --なるほど

 「この2人のコンビをコロンビア戦、年末の国際親善試合(12月29日、相手未定=長崎)で試すだろう。OA枠はどうするかはそれからさ。仮に堂安と久保でしっかりチームが機能すれば、他のポジションを見ても、OA枠は1人でも十分だと思うよ」

 --3人まで選べるのに?

 「そう思うね。特に、せっかくのびしろ十分の2人のMF陣を選んだのに、本田をOA枠で招集するのは現状では『?』だ」

 --守備面は

 「板倉(フローニンゲン)がリーダーだろうな。これまでの五輪代表は、攻守両面でOA枠に頼り切っていたけど、東京五輪のメンバーではそれはない」

 --ともかくチーム強化は急いで進めないと。東京五輪開幕まで9カ月を切っている

 「まあ、まずはコロンビア戦が楽しみさ。板倉を含めたA代表組の3人は当然スタメンで出るだろうしな」

 --あとは海外組をしっかり東京五輪に呼んで来られるか、日本協会の力が試されます

 「本番で海外組を呼べないなんてなったら、しゃれにもならないからなぁ(苦笑)」(元J1仙台監督)=聞き手・久保武司

関連ニュース