記事詳細

桃田賢斗、バドミントン全日本連覇! 絶好調の秘密は…

 バドミントン全日本総合男子単決勝で1日、世界ランク1位の桃田賢斗(25)=NTT東日本、が2年連続3度目の優勝を飾った。

 桃田見たさで観客一番乗りは早朝5時、当日売りも完売の大入り。「全日本は本当に緊張する。決勝でも最初は足が震えてました」と苦笑しつつも、千両役者は自身初の5戦連続ストレート勝ちの圧勝で応えてみせた。

 3月からの世界ツアーでなんと10勝。絶好調には秘密がある。「ありがたいことがあるんです。専属のトレーナーさんを会社につけていただいた」。海外遠征中の疲労のケアは順番待ちが悩みの種だったが、9月から専属トレーナーがついて一気に解消した。

 かつては違法賭博で約1年間の出場停止も、今や「練習が終わると、後輩へのコーチングも毎日行ってました。休めと言っても『俺、暇なんで』と、それも自然にやる。頭が下がります」とNTT東・須賀監督。東京五輪金メダル最有力は、心技体に死角なしである。

関連ニュース