記事詳細

【金谷多一郎 アマチュアの?を解決】パター“極太グリップ”は「いいことだらけ」

 最近人気の極太グリップ。今や、一時のブームというよりは完全にパターグリップの主流になりつつあります。

 なぜ、多くのゴルファーが極太を好むのか? 理由は2つあります。

 ひとつは、グリップが太いとショットの時のグリップのように指の関節のどこで握るかを考えずに手のひら全体で包みこむように簡単に握れるということ。リストを使い過ぎずに正しいストロークが自然にしやすくなります。

 もうひとつは、バランスを整えやすいことです。最近のパターはヘッドが重く、総重量も重いモデルが多いので、その結果、他のクラブに比べてパターだけが極端に重くなる傾向があります。そのためアプローチの距離感のままで打つと、ボールが転がり過ぎてしまいがちです。そこで、極太グリップに替えると、バランスが整ってアプローチの距離感の流れでしっかりストロークできるようになります。

 この傾向は、非力な人や女性ほど顕著で、SWは軽いカーボンシャフト装着モデルで総重量も400グラムを切るのに、パターが550グラム前後だとしたら、ボールは想像以上に転がってしまいます。

 そうなると、今度は普通に打つことが怖くなり、“そっと”当てるようになります。インパクトが緩むことで、ミート率が悪くなり、さらに距離感も感じられなくなってパッティングに悩んでしまうというわけです。

 最近の極太グリップは種類も増え、単に太いだけでなく重さもさまざまです。だから、もし、自分のパターが昨今の重たいパターだとしたら、どんな極太グリップに替えればバランスが整って自分の距離感が自然に生かせるようになるのかを考えてみる必要があると思います。

関連ニュース