記事詳細

東京五輪の中止、延期議論せず IOCバッハ会長「成功へ尽力」

 国際オリンピック委員会(IOC)のバッハ会長は4日、スイスのローザンヌで開かれた理事会後に記者会見し、新型コロナウイルスの感染拡大で東京五輪の開催が危ぶまれている問題で中止や延期の可能性は議論しなかったと明らかにした。7月24日に開幕する大会開催を前提に「成功に向けて尽力する」と改めて強調した。

 バッハ会長は世界保健機関(WHO)のテドロス事務局長ら専門家の助言に加え、4日の理事会で準備状況の報告を受けた東京五輪の大会組織委員会や日本政府の対策を根拠に「自信を深めた」と指摘。状況が悪化した場合、中止や延期の最終決定権はIOCや組織委のうち、どの組織が持つかとの質問にも「議題に上がらず、検討もされていないので詳細は承知していない」とかわした。

 各国メディアから開催可否の期限や条件についての質問も相次いだが、バッハ会長は「臆測の火に油を注ぐことはしない」と繰り返した。(共同)