記事詳細

東京五輪は予定通り開催!? IOC臨時理事会「現段階で思い切った決定を下す必要はない」

 国際オリンピック委員会(IOC)は17日、電話会議形式による臨時理事会を開き、東京五輪を予定通り開催する方針を再確認した。引き続き行われた各国際競技連盟(IF)との協議でも7月24日の開幕に向けて準備を進める方向性で一致した。しかし、新型コロナウイルスの感染拡大は、世界各国で深刻な事態となっている。

 IOCは「東京五輪に向けて全力を尽くす。現段階で思い切った決定を下す必要はない」との声明を出した。この日は、東京五輪の予選が相次いで中止や延期となっている事態への対応策などを協議した。

 トーマス・バッハ会長は、世界保健機関(WHO)が感染拡大を「パンデミック(世界的大流行)」と宣言し、ドナルド・トランプ米大統領が「1年延期」を提案しても「推測の話はしない」と言及を避けている。ただ、現状は相当厳しいと言わざるを得ない。