記事詳細

【金谷多一郎 アマチュアの?を解決】パッティングは目標が大切! プロが設定する“A地点”とは

 「パッティングの際、ラインは読めるけれど、その通りに打てない」。これは一般ゴルファーに多いパターンです。

 こんな悩みを持った人を見てみると、ストロークの技術よりも目標設定に問題があるようです。

 たとえば、「距離は約3メートル」、「ラインは上りで少し右に曲がる」という場合、どういう目標設定を考えますか?

 多くの人は、「少し右に曲がる分、狙いはカップの左端。また、上っているから強めに打とう」と考えるのでは?。

 一方、プロは、もっと緻密にイメージします。

 たとえば、前述と同じラインの場合、上りを加味した強さで的確に打つためには、ただ単純にカップの向こう側の壁にぶつけるぐらい強めに打つとかではなく、カップのどのくらい先に(ここをA地点とします)ボールを止めるかを考えます。

 このA地点の設定のし方によって、その時の上りの度合いに合ったカップインするときのボールスピードが自然にイメージできます。もちろん、そのA地点に止めるまでの右へ曲がるライン上の途中に実際のカップがあるわけですから、「ストロボアクション」のようにボールがどんなラインで、どんなボールスピードの変化でカップインしていくかという映像のイメージがつかめるはず。その結果、打ち出す方向と強さが明確になります。

 あとは、ボールから10センチ前後先に打ち出す方向の目印(スパット)を見つけ、A地点にボールを止める距離感で打ち出せばよいだけなのです。

 目印はできるだけボールの近くに設定すること。

 近くの目印を作らずに「カップの左端」とか「キャディーの足元」などという遠い目標だけで安易に打ってはいけません。

関連ニュース