記事詳細

日程、会場、選考… 混乱は必至 東京五輪、延期含め検討で (1/2ページ)

 IOCと大会組織委員会などは今後4週間をめどに東京五輪・パラリンピック開催へ向けた“シナリオ”を検討する。新型コロナウイルス感染終息の見通しが立たない中、「中止」は議題に上っていない。現実的なのは「延期」のシナリオだろう。開催時期は数カ月ずらす年内、1年後の夏、2年後の夏が候補に挙がるが、それぞれに難しい問題が横たわる。

 「どの程度の延期になるかは、そもそも延期するかも含めこれから。すべての可能性が開かれている」。組織委の武藤敏郎事務総長は23日の会見で、延期する場合の開催時期について明言しなかった。

 IOCによると、現時点で57%の選手が東京五輪出場権を獲得。「選手第一」を考えれば、彼らの権利を生かす年内開催がベストだろう。新型コロナウイルス感染の終息が前提になる。

 1年後の夏は競泳と陸上の世界選手権がある。サッカーも今夏開催予定だった欧州と南米の大陸選手権が6~7月に移動した。2年後は2月に北京冬季五輪、11~12月にサッカーのワールドカップがあるものの、夏に組み込む余地は残る。

 一方、代表選考はやり直しとなる可能性が高く、混乱も予想される。

 世界陸連は22日、IOCの延期検討を支持する声明を発表。米国水泳連盟は20日、同国のオリンピック・パラリンピック委員会(USOPC)に1年延期を働き掛けるよう要請した。

関連ニュース