記事詳細

【清水秀彦 そういうことだろ~】Jリーグ再開へ…無観客から徐々に増やすしかないだろ~

 --Jリーグは4月3日の再開を目指していましたが、新型コロナウイルス対策連絡会議の先生方から“ダメ出し”です

 清水「確かにまだ無理かもな。でもな、専門家の先生方だって、意見が全員一致しているわけじゃない。テレビのワイドショーとかもそうだろ? 誰もはっきりしたことは言えない。これから先、どうなるかなんて誰もわからない」

 --Jリーグは日程の75%以上をこなさないと成立しません。賞金配分などもあるので、なんとか消化したいところです

 「だろうな…。こんなこと言ったら怒られちゃうけど、専門家の先生方の言うことを尊重しすぎていたら、いつになっても再開できない気がしないか?」

 --そんな気もします

 「だろう~!! だからこそ、もう“奥の手”しかないじゃないか。無観客試合さ!」

 --えっ? 無観客は反対だったはずじゃ…

 「今もそうさ。プロはプレーを生でみてもらって、メシを食べていく職業だからね。でもな、コロナがこうなってしまった以上、いきなりファン・サポーターをフルオープンで入れても、リスクがありすぎるぞ」

 --その通りです

 「だから、無観客から始めて、段階ごとに増やしていくのさ。広いスタジアムなら2階席は入れないとかね。悪くない案だとは思うよ。無観客試合はかつて、浦和がやっている。クラブ側もノウハウはある」

 --プロ野球は4月24日に開幕を設定しました

 「Jリーグは村井チェアマンを筆頭にして懸命に対応してくれているけど、リーグ戦を動かすためには、そろそろ独自の決断が必要だと思うね」(元J1仙台監督・清水秀彦=聞き手・久保武司)

関連ニュース