記事詳細

神戸・酒井高のコロナ感染は世界に“衝撃” 同僚イニエスタに濃厚接触の可能性

 ついにJリーグにも飛び火だ。サッカーJ1神戸は30日、元日本代表DF酒井高徳(29)が新型コロナウイルス感染を調べるPCR検査で陽性反応が出たと発表した。現役Jリーガーでは初の感染者だ。

 30日午後5時に陽性判定を受けた酒井は、「自分もプロフェッショナルという精神を掲げ仕事をしていることを自覚し、人数の多い場所に行かない、消毒や手洗いをする等、気をつかって生活をしておりました。しかし、それでも、このようなことになり、大変情けなく思っております」と異例の即日謝罪コメントを発表した。

 感染経路は不明。酒井は「今、自分から発信できることは、コロナウイルスは、本当にどこに潜んでいるかわからないということです」と無念さをにじませた。25日夜中から38度以上の高熱を出し、頭とのどに痛みがあった。28日にはプロ野球の感染第1号となった阪神・藤浪投手と同じく、「においを感じない」と訴えていたという。

 神戸は現在、体調不良の選手がいないことを発表。これから最大の関心事は濃厚接触者だ。何しろ神戸にはスペインが生んだサッカー界の至宝、イニエスタがいる。

 保健所の指導のもと、発熱から2週間前までの酒井の行動を調べリストアップ。詳細は未公表だが、もしイニエスタが濃厚接触者となれば、超ド級の衝撃ニュースとして世界に波及するのは不可避だ。イニエスタ効果でビッグネームの移籍が増えていたJリーグに、一転してネガティブイメージが定着してしまう。

 チームは4月6日まで休みの予定だが、7日から練習を再開できるかは不透明だ。Jリーグは2月下旬から公式戦を中断中。4月25日のJ3から順次再開を予定していたが、より高レベルな対策が不可欠になった。(夕刊フジ編集委員・久保武司)

関連ニュース