記事詳細

【ゴルフ真剣勝負 the MATCH】葭葉ルミ スイング分析編 大きな重心移動がパワーの源 (1/2ページ)

 葭葉ルミ選手は、女子ツアー切っての飛ばし屋として知られています。スイングの最大の特徴は、体重移動をうまく使っている点です。

 その連続写真を見ると、クラブが動き出す前に下半身や頭が右に動き出しています。そして、右に身体を揺さぶった大きな動きでクラブを振り上げて、最大限右に体重を乗せています。

 また、女性ならではの柔軟性を生かし、クラブを高いポジションに上げているのも彼女の特徴で、アマチュア的にはオーバースイングに見えるくらい肩を動かしている点も注目すべき点でしょう。

 腕がアップライトに上がる分、真正面から見ると、フルトップでは右足、右ヒザ、左肩、グリップが一直線に。テークバックで最大限の助走をしているからこそ、あの飛距離が生まれると言ってもいいでしょう。

 もちろん、全体重が右足に乗るくらい体を揺さぶってから右足を蹴って左足に体重移動をするためには強靱(きょうじん)でバランスの取れた下半身の力も必要です。筋肉が大きくて太いだけでなく、筋肉の付き方を見てもしっかりトレーニングをしていることが分かります。

 アマチュアゴルファーが彼女とまったく同じスイングをするのは難しいと思いますが、体重を左右に揺さぶってパワーを出すという動きは大いにマネをするべきでしょう。