記事詳細

大谷翔平“大荒れ”7四球 1年10カ月ぶり実戦マウンドも…投手復帰に不安 (1/3ページ)

 右肘内側側副靱帯(じんたい)の再建術(トミー・ジョン手術)でリハビリを続けていたエンゼルスの大谷翔平投手(26)が、7日(日本時間8日)、エンゼルスタジアムで行われているキャンプで紅白戦に登板した。実戦登板は18年9月2日のアストロズ戦以来、約1年10カ月ぶり。心配された右肘のコンディションは問題なかったが、制球に苦しみ3回を投げて1安打、1三振、7四球と大荒れ。投打の二刀流完全復活にはまだ調整が必要なようだ。

 まず1回表にマウンドに上がったのは、敵軍の先発アンドリュー・ヒーニー。開幕投手が決定しており、1死から主砲トラウトを歩かせたが、その後の2三振を奪って順調に立ち上がった。

 1回裏にマウンドに上がった大谷はヒーニーとは対照的だった。予定の3イニングは投げたが、実戦感覚をつかみきれていない様子がうかがわれた。

 まず先頭で打席に入った左打者のラステラをストレートの四球で歩かせた。次のシンモンズはフルカウントから三振に打ち取ったが、盗塁と暴投で1死三塁。続くレンドンに再び四球を与え、ベテランのプホルスに3球を投じたところで、予定の投球数に達したために小走りでマウンドを降りた。

 この回、2四球、2暴投。18球を投じてストライクは5球しかなかった。特別ルールのために失点には至らなかったが、大量点を奪われてもおかしくない立ち上がりだった。

関連ニュース