記事詳細

【江尻良文の「崩壊の危機に瀕すセントラル・リーグ」(7)】「伝統の一戦」を完全に死語にさせている阪神タイガースの大罪 (1/3ページ)

 巨人におんぶにだっこのセ5球団の中で一番罪が重いのは阪神タイガースだ。その凋落ぶりは目を覆うばかり。全国区人気では巨人に次いで2位だったのに、今や広島カープの後塵を拝している。

 「社会的現象になった一時期のカープ女子旋風は収まったが、赤ヘルのビジター人気は、巨人や阪神をしのぐ。リーグ3連覇しても、日本一には84年の古葉監督以来、手が届かない。その上、2年連続Bクラス。それでも一度全国区になったカープ人気は侮れない」

 こうセリーグの某球団営業担当者は舌を巻く。

 対照的に、巨人、阪神のかつての全国区人気の凋落ぶりが酷い。阪神の場合は、巨人人気にぶら下がるだけで、自助努力をしないからだ。

 巨人・長嶋終身名誉監督は、未だに「語りつがれてきた巨人対阪神の伝統の一戦は特別だ」と言い切る。「東西対決、巨人と阪神が優勝争いをすることが、プロ野球人気を盛り上げる最善の策だ」

 そして、自らの現役時代の伝統の一戦を熱く語る。が、これは長嶋対村山をはじめ、王対江夏、江川対掛布などの名勝負があったからこそだ。今の巨人対阪神戦にはファンを熱狂させる看板対決はない。

 その最大の責任は本社、球団首脳にある。巨人・王からホームランキングのタイトルを奪ってミスター・タイガースと呼ばれた田淵氏の生々しい告白が蘇る。球団史上18年ぶりの2003年の星野阪神優勝後の久万オーナーの対応だ。

関連ニュース