記事詳細

相撲協会チケット払い戻し発表に「遅すぎる」ファンから悲痛の声 公式サイトに案内なし、電話もつながらず・・・ (1/2ページ)

 ■大相撲初場所第3日=1月12日、両国国技館

 1都3県に緊急事態宣言が再発令される中で強行されている大相撲初場所(両国国技館)で、観戦を断念せざるを得なくなったファンのチケット払い戻し方法が、ようやく3日目(12日)に発表された。

 収容人員の半分となる約5000人の観客が上限となった今場所のチケットは、12月5日に一般発売。しかし年末にコロナ感染者が急増したことで、協会ホームページで実施されていたチケットのリセールへ、申し込みが殺到していた。

 しかし、緊急事態宣言でチケットは6日に売り止めとなり、同時にリセールも終了。ファンからは「チケットを払い戻ししてほしい」という悲痛な声が上がっていた。

 初日(10日)に芝田山広報部長(元横綱大乃国)は「払い戻しに関しては対応。チケットと買ったときのクレジットカードが必要。協会に問い合わせてくれたらアナウンスしてくれると思う」と言及。ところが、これまでは協会ホームページに払い戻しの案内はなかった。メールで問い合わせ、専用ダイヤルに電話することで払い戻しが可能だが、電話も全然つながらないという事態が続いていた。

関連ニュース